会社情報

カテゴリー
会社情報

株式会社 グローバルトラストネットワークスとの包括的業務提携に関するお知らせ

フィリピン人材のコンサルティング企業であるICHIGOICHIE CONSULTING, INC.(以下ICHIGOICHIE、本社:フィリピン、代表取締役社長:三浦 一生)は外国人専門の生活総合支援事業を展開する株式会社グローバルトラストネットワークス(以下GTN、本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 裕幸)とお互いの強みを生かし、フィリピンでの介護人材教育から送り出し、日本での紹介、就労支援を一気通貫でフルサポートするための包括的業務提携を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.包括業務提携の目的
介護事業者さまの火急の課題である人材採用難を解決する一手として、外国人介護職員の活用をより多くの方に知って頂くため、両者はそれぞれの得意分野や経営資源利用による発展的な協業を推進することを目的として協議を重ね、この度包括業務提携契約を締結する運びとなりました。

2.包括業務提携の概要
少子高齢化に伴う労働力不足の拡大が予想される中、政府は昨年、新たに就労を目的とした在留資格『特定技能』制度を設け、外国人材の受入れの拡大に舵を切りました。
2025年には約34万人の介護人材の不足が予想される中、この在留資格『特定技能 介護』では今後5年間で約6万人の受入れ枠が確保されています。
本業務提携ではこうした背景の中、看護・介護人材の国際的な輩出国であるフィリピンから、若くて就労意欲が旺盛なフィリピン人介護職員を日本の介護現場で活かしてもらうため、その認知拡大と価値向上を図り、介護事業者さまの人材採用に貢献したいと考えています。

具体的には次に掲げる事項について協業及び両社のさらなる発展を目指して協業を進めていきます。
1. セミナー共催による在留資格特定技能制度の啓蒙
2. フィリピンでの介護人材の確保・育成の取組の強化
3. 人材の紹介及び登録支援業務の連携の強化
4. 特定技能制度に関連する各種サービスの開発

GTNについて
「外国人が日本に来てよかったをカタチに」をビジョンに、創業から一貫して外国人専門を掲げ、住環境の整備をはじめとする生活総合支援を行う。家賃債務保証事業を主軸に、不動産仲介・就職支援・携帯電話・クレジットカードなど多種多様な独自サービスを展開。
社員の7割が20ヵ国の外国籍メンバーで構成され、言語・文化の違いを理解したうえで様々な事案に対応。家賃債務保証事業においては、賃貸住宅の情報提供から家賃債務保証、入居後の生活サポートにいたるまで、日本での生活を始める外国人の方を全般的に支援するサービスを提供している。

社名    :株式会社 グローバルトラストネットワークス
所在地  :東京都豊島区東池袋1-21-11 オーク池袋ビル2F
代表者  :代表取締役社長 後藤 裕幸
事業内容:外国人専門の家賃債務保証・不動産賃貸仲介・通信事業・人材紹介事業・クレジットカード事業など
URL    :https://www.gtn.co.jp/

TOP